メルカリ転売で仕入れる時に気をつけるべきポイントについて紹介していきます。

とはいえ、焦点にするのはただ一つ。
「この商品は儲かるか、儲からないか」これだけです。
そこから掘り下げていくと、自然と注意すべきポイントが浮かび上がってきます。

相場を確認する

メルカリ転売で稼ぐための仕入れ方法という記事では仕入先などのポイントを紹介しました。

メルカリ画面

メルカリ画面2

記事ではこれらの画像を使いましたが、まさにポイントはここです。

メルカリ内で過去にいくらでその商品が売れたのか

これを絶対にリサーチして下さい。

 

メルカリのページにはキーワード検索ボックスがあるので、そこに見つけた商品の特徴を入れて検索します。

ここでポイントになるのが、検索の仕方です。
例えばペンタックスのQ-S1というカメラを調べる場合、まずは商品名である「Q-S1」で検索します。

もし「ペンタックス Q-S1」というキーワードで検索した場合、出品者が登録した商品情報が「PEXTAX Q-S1」だったら引っかからないんですよね。

複数キーワードで検索する前に、できるだけ商品名単体で検索したほうが見つけやすくなります。
家電などの場合は型番で検索するのもありですね。

また、略称にも注意しましょう。
「ポケモン」で検索した結果と、「ポケットモンスター」で検索した結果は異なります。

見つからない場合には検索キーワードを変えながら、その商品が過去いくらで売れたのかを調べましょう。

 

>>メルカリ転売で稼ぐソフト「フリマキング」について

 

 

メルカリ転売で稼ぐためには沢山の商品を出品することになります。
ですが、利益の出る商品を選ばなければいつまでたっても稼げません。

仕入れ商品を探す

転売に慣れている人であれば、商品をパッと見て
「このジャンルのこの商品は絶対美味しい商品だ!」
というように勘と経験で分かるのですが、初心者の人が同じことはできませんよね。

最初のうちは、地道に相場より安い商品を探して仕入れる方法が最も堅実でしょう。

 

ではどうやって相場より安い商品を探すのか。

せっかくなので、他のサイトではあまり公開されてない情報を公開したいと思います。

Amazonの割引商品を狙う

Amazonでは、様々な商品が定価より安い割引価格で売られています。
その中には、50%以上のものや90%近い割引も…。

そんな割引商品を簡単に探す方法です。

 

まず、Amazonのページに飛び上の検索ボックスにキーワードを入れて検索します。
(「子供 おもちゃ」とか「カメラ」とか適当でいいです)

キーワードで検索

そうすると検索結果が出てきますが、この検索結果のページのURL部分に注目して下さい。

検索結果URL

ここのURLの文末に、
&pct-off=◯◯◯(◯◯◯には割引率を入力します)
という文字を足してそのURLに移動するだけで割引商品だけを探すことができます。

文字を追加

例えば50~80%オフの商品を探したければ、
&pct-off=50-80
という文字列を足せばいいということです。

また、もっと割引率の高い商品を探したければ、
&pct-off=90-
という文字列を足すことで、90%以上オフの商品を探せます。

 

記事を作るついでに「カメラ」というキーワードで50~80%オフの商品を探しました。
それで見つけたのがこの商品。

Amazonページ

ペンタックスの「Q-S1」というミラーレス一眼カメラのダブルズームキット、ブラックです。
元の価格の58%オフで新品で31,634円なのが分かりますね。

ではこのカメラ、メルカリではどんな値段で取引されていたのでしょうか。

メルカリ画面

はい、44,800円です。しかも売り切れなので実際に売れた商品です。

各画像の赤枠を比べてもらうと同じ商品(新品)であることがわかるかと思います。
3分くらいでこんなのが見つかりました。

チラシから探す

次は、割引情報が載っているチラシから探す方法です。

チラシを手に入れる手段がない?
いえ、ネットがあれば大丈夫です。

Shufooという実店舗のチラシをネットで見れるサイトがあるのです。

shufoo画面

狙い目はヤマダ電機やビックカメラなどの家電系。

このiPad(mini 3 wifiモデル 128GB ゴールド)は、44,000円で売れていましたが、

メルカリ画面2

実は店頭で32,000円くらいで手に入れることができたのです。

チラシ画面

 

このように、工夫次第で様々な仕入先を見つけることができます。

今回はインパクト重視で1個あたりの利益が大きい物ばかりを紹介しましたが、
数千円の利益の商品であればもっと見つけやすいでしょう。

 

ここをクリアできれば、あとはフリマキングにお任せです。

フリマキングについての記事はこちら

 

メルカリ転売で売れやすい商品についてお話していきます。

まず前提として、どんなユーザーがメルカリを使っているのかを考えてみましょう。

Amazonやヤフオクは20~30代がメイン層と言われていますが、メルカリの場合は10~20代がメイン層です。
つまり、他の販売先と比べると年齢層が若めなんですよね。

 

ではそんな若者がメルカリでどのような商品を買ってるかというと、

・服や靴などのファッションアイテム
・CDや本、ゲームなどのメディア商品
・家電
・ホビー

この辺りのカテゴリーが中心です。

こういうのとかね。

 

プレミア商品などを除いた場合、安く仕入れられる順でいうと

(安)メディア商品>>>ファッション>ホビー>家電(高)

という順番になりますが、利益が大きい順もそのまま

(安)メディア商品>>>ファッション>ホビー>家電(高)

となります。

 

利益率の低い本やゲーム、CDで利益を出すよりは、ファッションやホビー、家電を扱った方が無難でしょう。

>>仕入れ方法へ

>>メルカリ転売で稼ぐソフト「フリマキング」について

 

 

 

 

 

関連サイト:桑の葉茶