フリマキングの強み

フリマキングは、最近流行りの「メルカリ」に簡単に出品することができるソフトです。

もっとはっきり言うと、メルカリ転売で稼ぐ人・稼ぎたい人のためのソフトです(笑)

>>フリマキングの詳細はこちら

 

そもそもメルカリ転売って稼げるのでしょうか?
はっきり言います。Amazonよりも、ヤフオクよりも稼ぎやすいです。

メルカリが稼ぎやすい

なぜなら「スマホ世代」と呼ばれる若い人がこぞってメルカリを使っているから。
彼らは、フリマアプリを使うというだけで安く買えていると勘違いしています。
しかしその実、Amazonより高い値段で買っている場合も多いのです。

転売で月100万レベルで稼ぐにはメルカリだけだと厳しいですが、月30万レベルまでならツールを使えば結構現実的です。

適当にやっても6万の利益

 

話を戻して、フリマキングの強みについて書いていきましょう。

フリマキングの強みは、PCからメルカリに出品ができる…ではありません。
(PC出品はメルカリ公式でも対応し始めましたからね)

  • 一括出品ができる
  • 再出品ができる

この2つが大きいです。両方メルカリの公式には備わってない機能ですね。

一括出品の画面

再出品の画面

 

メルカリで稼ぐ場合、数千円の利益を積み上げていくというイメージです。
(メルカリを使う年齢層的に単価が高い商品は売れづらいため)

なので、どれだけ効率的に多くの商品を出品できるかが勝負になります。

その場合に役に立ってくるのが、商品をまとめて出品することができる機能や、売れなかった商品を1クリックで自動で再出品してくれる機能なんですよね。

 

これまでのメルカリ転売のデメリットとして、商品リサーチをする一方で出品作業にも時間をかけないといけないという面倒くささがありました。
(やってみると分かりますが、出品が大変すぎて本業がある人ならリサーチの時間が全く取れません)

だからこそ、これらの機能が備わったフリマキングは、メルカリ転売における”必須”ソフトと言えるのです。

>>フリマキングの公式ページヘ

 

 

 


メルカリ転売をやっている人であれば知っているかもしれませんが、中国から安く仕入れて高く売るという方法は、せどりや転売ビジネスにも活用されています。輸入ということになるので少し敷居は高くなってしまいますが、今は若い世代を中心に、海外商品の需要も高まってきています。その商機を掴んで生かせれば、このフリマアプリにおいても上手く稼ぐことができるでしょう。
ただしこういった活用の中で、出品者のラインIDを載せてアプリを通さず直接のやり取りをしたり、規約に違反している商品を出品するのはやめてください。


また、メルカリで仕入れてアマゾンで売るという方法もあります。アマゾンの場合は画像は機械的に設定されるので出品が楽というメリットがあるほか、配達料金などに気をつけると、メルカリにある商品の中にはかなり掘り出し物が多いんですよね。私は元々株取引をしていたのですが、そのリスクの高さに嫌になり、最近は転売をしています。落札方法などはこの記事に書いた通りで、今回は実体験の話しをもとにメルカリ転売で利益を出しつつ、仕入れ値を抑える手順を紹介できたらなと思っています。何かの商材の特典でアマゾン転売のコンサルティングを受けていたのですが、相手方の急な都合で終わってしまいましたので。

電脳せどりをするにあたって、そのリスクも考えておくべきです。「ディスクには若干傷がございますが、在庫は豊富です。特典もあります。」みたいな説明を見て仕入れたら、実際はディスクの傷がすごかったというような話はよくある話ですからね。アマゾン販売の場合は手数料の高さと計算の複雑さがデメリットになりますが、手数料計算に使える無料のWebツールがあるのでそちらを使うと良いでしょう。あと、規約に違反している商品を扱うような転売ノウハウが3年前から今に至るまで散見されますが、後々のクレームを考えると購入しないようにするべきです。

転売という副業は初心者でも稼ぎやすいメリットがあるため最近注目され始めていますが、在庫管理が面倒という面もあります。そこでパソコンを使わないことで取引が非常に簡単になるメルカリ転売が注目されています。お金に困った人が多いということでサイドビジネス自体が注目されている背景もありますが、歴史から見ても、卸取引で長期的に稼ぐことができる転売という方法が馴染みやすいようです。

仕入れるときに使うフリマアプリはメルカリが基本ですが、相場との差額がひと目で分かればと思ったことはありませんか。それができれば焦ることなく、何を仕入れるかを判断しやすくなるでしょう。着なくなったブランド服などの中にはお宝が眠っており、相場との差額が分かればメルカリ転売で「自動」で稼ぐことができるんじゃないかと思っています。私とフリマアプリの出会いにはそんな思惑もあったのが事実です。

アプリ1つ入れるだけで、休みの日にお金を稼ぐことができる、しかも主婦でも稼げる仕事は、そうそうあるものではありません。メルカリでは最近は出品を利用する方も増えているのではないでしょうか。ですが、フリマアプリはアマゾンやヤフオクとは客層が違うことを理解した上で、売れ筋商品を探さないといけません。

メルカリはCMなんかでも放送されていたこともあり、ブランドイメージが向上したことで市場が非常に広くなりました。今やアフィリエイトより稼げる分野とも言えるでしょう。フリマアプリでたくさん売って稼ぐにはメルカリが一番です。

サイトアフィリエイトの場合、初心者からだと半年は報酬0を覚悟しないといけませんが、メルカリ転売の場合はまったく問題なく副業として稼げるので、仕入れと出品を繰り返すことで月30万円の収入は現実的です。本業がある人が片手間でやっても、副業のために要した費用をフリマキングだけにすれば、最低限のコストで最大限のパフォーマンスを発揮することができます。ネットで稼ぐということは詐欺的な方法のイメージが今まで強かったのですが、今では普通の主婦でもやるようになりました。よくここまで来れたなぁと業界の発展にびっくりしています。

参考:approna.biroudo.jp